幼児英語教室

マザーグース、ナーサリー・ライム

マザーグースというのは、イギリスを中心としたところで、昔から歌われてきた童謡なんだそうです。
アメリカでは、マザーグース。イギリスでは、ナーサリー・ライムといわれています。

マザーグースには、子守唄や、遊び歌。手遊び歌や、体を使う歌などがありあます。
私には、意味があまりよく分からない、不思議な歌や、おまじないの歌なども。。。

昔、パタリロという漫画がありました。
その、パタリロで歌われていたのが「誰が殺したクックロビン」でしたね。
これって、マザーグースなんですよ。
どういう意味があるのか知りませんが、恐い歌詞です

こんな、恐い歌詞、怖ろしい歌詞、残酷な歌詞などもあります。

「Ring Around the Rosies」という歌を調べたときです。
その意味が、
昔、バラのような顔が赤くなる病気がはやりました。
皆、ポケットに薬を入れて、飲んでいました。
ハクシュン、ハクシュンといって、倒れて
死んでしまいました。

この歌は、今、遊び歌として歌われています。
皆で手をつないで輪になり、ぐるぐるまわりながら転んでおしまい!

なんだか、考えさせられちゃいます。


そのほかに、おまじないの歌や、不思議な歌、なぞなぞの歌や、物語歌、笑えるナンセンス歌などなど。

日本では、
「ロンドン橋」
「メリーさんのひつじ」
「きらきら星」
などが、有名ですよね。

意外かもしれませんが、
「しあわせなら手をたたこう」
も、マザーグースなんですよ。

あ、私は個人的には「手遊び歌」が好きです。
ですから、お気に入りは「マザーグース」です。

posted by ヨーコ at 13:09 | 幼児英語小話

幼児英語教室といえば・・・歌

幼児英語教室といえば、カリキュラムに歌が出てきます。
お決まりぱたーんですよね。

この歌の効果、いろんな英会話スクールに書いてあることを総合してみると、
・英語には、独特のリズムや抑揚がある。それば、音楽とマッチしているから。
・日常使われている表現を、歌詞にしてもおかしくないし、日常で使われている表現が、歌に良く出てくるから。
・英語には、韻(ライム)と呼ばれるものがあり、歌には、その「韻」の特徴を踏まえたものが多いから
・その国の歴史的背景や、生活習慣なども、歌と共に学ぶことができるから。

そんなわけで、幼児のカリキュラムには、必ずといっていいほど、歌が出てくるようです。

あ、私は個人的には「手遊び歌」が好きです。
ですから、お気に入りは「マザーグース」です。

このマザーグースというのは、イギリスを中心としたところで、昔から歌われてきた童謡なんだそうです。

アメリカでは「マザーグース」、イギリスでは「ナーサリー・ライム」と呼ばれています。


幼児英語教室の大手に、ヤマハ英語教室がありますね。
音楽が得意なヤマハが、音楽と相性がいい英語の教室をする、というのは、理にかなったことのようです。

私が学校で英語の授業を受けたときは、英語の歌を歌うことは、なかったように思います。
中学でも、高校でも、英語の授業で英語の歌を歌うというのは、メリットがあることではないかな、と思いました。

試験にも「歌」が出てきたら、楽しいのにね!
posted by ヨーコ at 13:07 | 幼児英語小話

幼児英語教室

子供英語は大人英語より難しい?

大人は自分で英語を勉強しようと努力します。
でも、子供は・・・

特になる、効果があるなんてことでは、動きませんよね。
子どもにあるのは、だた1点
「楽しいかどうか」
じゃないでしょうか。

そういうことを踏まえると、いかに子供を楽しませるか・・・を考えて、子供中心「楽しく勉強を教える技術や工夫」にかかる準備や力量は、大人に英語を教えるのより、子供に英語を教える方がとても難しいのかもしれない・・・なんて、最近思いました。

「幼児向け英語教室に飽きちゃったみたい」と言っていたママ友。
たしかに、子供って、すぐなんでも飽きるよね。
こんな子供相手に、飽きさせない教え方ができるかどうかというのは、幼児向け英語教室の、大きな課題なのではないでしょうか。

ま、そういうノウハウが詰まっているのが、幼児向け英語教室なのだ!という言い方もできますね。

小学校で英語の授業を必修化しようという動きがありますが、子供に教える英語を教える技術を軽く考えてませんかね。
基本は現場の先生に授業をさせるんですよね。
それは、無理でしょ!と、思うんですけど。

幼児向け英語教室のノウハウを、ぜひ、小学校の英語教育にも役立ててほしいと思うこの頃です。
posted by ヨーコ at 21:39 | 幼児英語小話

子供の発達段階を踏まえて考える

子供の発達段階を踏まえて考える、幼児期の英語教室

0歳:
生まれてから、歩き出すかも・・・と、大きな変化を見せる0歳期。
この時期は、英語のリズムに親しむ働きかけがよいと、言われています。

例えば、
・英語の歌を聞かせる
・英語の絵本を読み聞かせる
・英語による、言葉・語りかけ

教室は、ママの声かけ教室や、親子でゆったりくつろげる感じの教室に通うことになります。

1歳:
言葉を発するようになり、1語から2語文へと発展していく1歳期。
この時期は、親子で一緒に英語で遊ぶといいですよと、言われています。

例えば、
・英語の手遊び歌をする
・英語の歌を歌う
・英語の歌を踊る
・英語の絵本を楽しむ

教室は、引き続きママの声かけ教室や、親子でゆったりくつろげる感じの教室に通うことになります。

2歳:
なんでも「嫌」という、反抗期。自分の名前を言ったり、言葉の真似がうまくなる2歳期。
この時期は、英語の働きかけができることがグン増えます。

例えば、
・英語の手遊び歌をする
・英語の歌を歌津
・英語の歌を踊る
・英語の絵本を楽しむ
・幼児向け英語教室に通う
・幼児向け英語サークルに通う
・輸入ビデオ・DVDを見る
・幼児向けテレビ番組を見る
・絵カード、ゲームを楽しむ

3歳〜5歳:
子供同士の会話も、堂々たるものになる、3歳〜5歳期。
この時期は、英語仲間・友達に出会うのに良い時期と言われています。

例えば、
・幼児向け英語教室に通う
・幼児向け英語サークルに通う
・プリスクールに通う
・親子留学・ホームステイ・海外旅行を楽しむ
・国際交流の機会を持つ


0歳から2歳までは、ママが満足する内容の、幼児英語教室に通い、
3歳からは、幼児のプログラムのある、英語教室へひとりで通う。

子供の発達段階を踏まえて、通う教室を決めるといいみたいですね。
posted by ヨーコ at 18:14 | 幼児英語小話