幼児英語教室

外国人講師の方が、日本人講師よりいい?

外国人講師の方が、日本人講師よりいい?

はじめは、せっかく教室に通わせるのだから、幼児期の耳に聞かせたいのは「ネイティブ」と思っていました。

でも、教室をちょこちょこ体験してみたところ、絶対外国人講師じゃなくっちゃ!というのは、なくなりました。

発音の仕方やコツを「教える」という意味では、ネイティブより、実は、苦労して習得した日本人講師のほうが「うまい」人が多いように感じます。

幼児とはいえ、2・3歳くらいから、発音の仕方を教えることができるし、理解できるようです。
だから、幼児に分かりやすく、英会話や発音のコツを教えることができる先生である必要があります。

外国人の先生の場合は、幼児の弱点は察知できても、それをどう説明して、更正すべきかがうまく出来ない人が多いように思います。

幼児でも先生とバンバン「英会話」をするような「プライベート」なら、上記云々は置いておいて、ネイティブ発音の講師がいいと思います。

でも、その前段階の教室の場合は、幼児には日本人講師でいいのではないか?そんな風に思いました。
もちろん、英語が話せて、保母的要素をもっている人ね。
posted by ヨーコ at 14:38 | 幼児英語教室の選び方