幼児英語教室

オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス?

オーストラリア、アメリカ、カナダ、イギリス?

外国人講師といえども、いろんな国の方がいらっしゃいます。
そして、母国語が「英語」といえど、癖があるわけで・・・

あなたは、先生の出身国を気にしますか?
私は、すこし気にします。

幼児期、せっかく「いい」といわれている耳に、きれいな発音を聞かせたいと思うんです。
そして、せっかく幼児期から教室に通わせる!且つ、外国人講師に!なら、先生の出身も気になるところ。

では、きれいな発音って?
大きく分けて、アメリカ英語・イギリス英語、どっちにする?なんて話があります。
また、オーストラリアは、オーストラリア訛りがあるとか。。。

そうそう、英語の分からないママ!気をつけてね。
青い目のブロンド・・・といえど、母国語が英語とは限らないし、アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリア出身とは限らないんですよ。

見た目で、○○英語だ!と、勝手に思わないように。

幼児教室に見学に行った際は、先生の出身地やプロフィールを確認してくるといいですね。
また、そういう情報をオープンにしているかどうかも、チェック!チェック!

大きな教室なら、いろんな国の先生がいるかどうか?を、見てもいいですね。
白人黒人、さまざまな人種の先生と触れ合えるというのは、幼児期貴重な体験になると思います。
せっかくなので、この貴重な体験を教室でできたらいいですよね。

幼児期に、さまざまな「人」「言葉」があるのだ、という体験をするというのは、とてもよいことではないでしょうか。
posted by ヨーコ at 14:20 | 幼児英語教室の選び方