幼児英語教室

小学校で英語教育を必修とすべき理由

小学校の英語教育に関する意識調査(文部科学省)より

小学校で英語教育を必修とすべき理由

保護者からは、
・英語に対する抵抗感がなくなる 83.6%
・発音は小学生の時から学んだほうが身につくと思う 50.5%

教員からは、
・英語に対する抵抗感がなくなる 76.4%
・外国人とコミュニケーションを行おうとする態度が身につくと思う 63.6%


必修とすべきでない理由

保護者からは、 
・他教科の内容をしっかり学んでほしいから 66.8%
・子どもの負担が増えると思うから 45.8%
・正しい日本語を身につけることがおろそかになる 38.8%
   
教員からは、
・他教科の内容をしっかり学んでほしいから 68.2%
・正しい日本語を身につけることがおろそかになる 44.0%
・子ども負担が増えると思うから 43.9%


英語に対する抵抗感をなくす・・・という観点で見ると、小学校に上がってからではなく、それこそ幼児英語教室で、外国人講師に触れておくのがベストではないでしょうか?

乳児や幼児、見てないようでちゃんと人を見ています。
幼児ともなると、この人は日本人。この人は外国人。と、区別できます。
幼児ははじめ、ひげがあるとか、大きいとか、めがねをかけているとか、そういう人を怖がったりしますが、次第に、外国人を怖がるようになります。

これは単に「普段見慣れていないから」、それだけなのです。
幼児期から、教室等で(今では幼稚園でも、英語教室があるところが多くなってきましたね)、見た目が違う人たちも、同じ人間なんだ!と、教えてあげる必要があるのではないでしょうか?

幼児期に、日本語だけでなく、英語が他の言語があるということに、触れておくべきではないでしょうか?

そういう意味で、手軽に実現できる教室というのは、必要だと思います。


英語に対する抵抗感をなくす・・・という観点で見ると、幼児英語教室に通うというのは、とても意義のあることではないかと思います。