幼児英語教室

英語適齢期なるものが・・・

脳の話をいろいろ調べていたら、英語適齢期なるものを発見。

幼児・子供に習わせたい習い事の3位が「英会話」でした。
小さい子が、英語で話してたら「びっくり」するし「ちょっぴりかっこいい」よね。

特に、英語の場合、幼児期に英語教室に入れておけば、英語を聞き取る能力が・・・機能が脳の中にできあがるのではないか?と、思わずにはいられません。

幼児期に教室に通わせたい!と思うのは、親の願いではないでしょうか。


脳の臨界期は、12歳くらいまでといわれています。
これは、脳の配線が発達する時期と深くかかわっているそうです。

この時期に語学環境を人工的に与えると、何ヶ国語も吸収できる能力を、人は秘めているのだそうです。


ということで、大雑把に言うと、0〜12歳が「英語適齢期」。
また、特に物事を直感的にとらえて考えることができる幼児期(6歳くらい)までは、英語を英語として(つまり日本語を介さないで)理解できる時期であるようです。

聴覚の発達で考えても、幼児期が臨界期と言われています。
音を聞き分ける力や柔軟な舌や口の動きは、英語の音やイントネーションを身につけるのに最適なんですって。

たしかに・・・幼児の脳は、スポンジみたいだと思うこの頃。
耳もいいなぁって、思います。

耳のハード的機能は、幼児期に完成されてしまうそうです。
絶対音感の話で、そんな内容を読みました。

日本人には聞き取れないといわれる英語の音域に耳を慣らすには
幼児期からネイティブの発音を聴かせておく・・・というのは、とても理にかなったもののようです。


そうなると、幼児期の教室はやっぱりネイティブがいいの?なんてちょっとクラクラしてしまうのでした。