幼児英語教室

子供の発達段階を踏まえて考える

子供の発達段階を踏まえて考える、幼児期の英語教室

0歳:
生まれてから、歩き出すかも・・・と、大きな変化を見せる0歳期。
この時期は、英語のリズムに親しむ働きかけがよいと、言われています。

例えば、
・英語の歌を聞かせる
・英語の絵本を読み聞かせる
・英語による、言葉・語りかけ

教室は、ママの声かけ教室や、親子でゆったりくつろげる感じの教室に通うことになります。

1歳:
言葉を発するようになり、1語から2語文へと発展していく1歳期。
この時期は、親子で一緒に英語で遊ぶといいですよと、言われています。

例えば、
・英語の手遊び歌をする
・英語の歌を歌う
・英語の歌を踊る
・英語の絵本を楽しむ

教室は、引き続きママの声かけ教室や、親子でゆったりくつろげる感じの教室に通うことになります。

2歳:
なんでも「嫌」という、反抗期。自分の名前を言ったり、言葉の真似がうまくなる2歳期。
この時期は、英語の働きかけができることがグン増えます。

例えば、
・英語の手遊び歌をする
・英語の歌を歌津
・英語の歌を踊る
・英語の絵本を楽しむ
・幼児向け英語教室に通う
・幼児向け英語サークルに通う
・輸入ビデオ・DVDを見る
・幼児向けテレビ番組を見る
・絵カード、ゲームを楽しむ

3歳〜5歳:
子供同士の会話も、堂々たるものになる、3歳〜5歳期。
この時期は、英語仲間・友達に出会うのに良い時期と言われています。

例えば、
・幼児向け英語教室に通う
・幼児向け英語サークルに通う
・プリスクールに通う
・親子留学・ホームステイ・海外旅行を楽しむ
・国際交流の機会を持つ


0歳から2歳までは、ママが満足する内容の、幼児英語教室に通い、
3歳からは、幼児のプログラムのある、英語教室へひとりで通う。

子供の発達段階を踏まえて、通う教室を決めるといいみたいですね。
posted by ヨーコ at 18:14 | 幼児英語小話