幼児英語教室

幼児英語教室の選び方 クラス編成

幼児英語教室の選び方 クラス・グループ編成

ポイント:
 レベル別・少人数制かどうか



幼児英語教室の、クラス・グループ編成は、どのようなものが、いいのでしょうか。

・クラス・グループ編成は、レベル別
学校の授業で、先生はどの子を基準に、授業を進めているのでしょうか?
ガイドラインはありますが、先生によって、いろいろですよね。
英語教室の場合も、さまざまなレベルの子が、一緒にいる場合、
「そのうちの誰か」
が、授業内容の基準になってしまうのが、現状ではないでしょうか。

そうすると、その基準に合わなかったレベルの子は、能力を十分に伸ばせないのではないか、と思います。

子供のレベルに合わないというのは、それこそ、授業料がもったいないです。
楽しいだけで終わるのではなく、きちんと身に付けさせるためにも、子供の能力にあった、クラスに所属することが大切であり、そのようなクラス編成になっていることが望ましいです。

また、能力だけでなく、年齢的な違いも大きい時期。
幼稚園の子と、小学校のこが、一緒に・・・というのも、どうかと思います。
たとえレベルが同じだとしても、反応速度や一般的事項の習得率が違いすぎて、どちらかにとって居心地の悪い授業となってしまうことになりそうです。

特に、文字を授業内に導入している場合、幼稚園の子と、小学校の子では、大きく反応が違ってくると考えます。

・少人数制
1グループの人数が多くなれば多くなるほど、効果が期待できなくなりそうだ・・・というのは、皆、思うところではないでしょうか。
実際、一斉に読ませるのと、一人一人読ませるのでは、発音に関するチェックにおいても、読み方に関するチェックにしても、個別に習得できたかどうか、大きく影響するでしょう。

講師は、クラスの子供たち皆に対して、1人1人、コメントをしているでしょうか?
発音・発声は、1人が何度も言える状態にあるでしょうか?


ある幼児教室では、最大人数が6名でした。
6名いると、かなりガヤガヤして、いるような気がしました。
個人的には、最大4名くらいが、グループとして最低な人数ではないかと、思いました。
posted by ヨーコ at 14:24 | 幼児英語教室の選び方